着圧ソックス 医療用,着圧ソックス  楽天,着圧ソックス  通販

通販サイト楽天で購入出来る医療用着圧ソックスの効果とは?

足の浮腫みに悩んでいる女性の方は世の中に沢山います。色々浮腫みケアを行ってきたけれど中々浮腫みが解消されない人もいるのではないでしょうか。ここでは、浮腫みに高い効果を発揮する医療用着圧ソックスについてご紹介します。

着圧ソックスについて

着圧ソックスとは?

着圧ソックス

着圧ソックスは、足に加圧を掛ける事の出来る靴下です。足を加圧させる事によって、体内を流れる血液とリンパ液の循環を促し、心臓にスムーズに戻す働きを助ける事が出来るので、体内に余分な水分が滞らないようにする事が期待出来ます。

着圧ソックスのタイプ

着圧ソックスと一言で言っても種類には色々なタイプがあります。膝から足先までのタイプ、太ももから足先までのタイプ、就寝専用タイプ等、豊富な種類の物が販売されています。加圧のかけ方、サイズ等も各メーカーによって異なりますが、装着する事によって様々な足の不調や悩みを改善する物として使用目的は同じです。最近の着圧ソックスは、しっかり着圧機能がありながら抗菌・消臭機能が備わっているソックスが沢山販売されています。

足の浮腫みの原因と着圧ソックスの関係とは?

足が浮腫む原因は、主に血の巡りが滞る事によって生じます。足の浮腫みと言うとふくらはぎが挙げられると思いますが、ふくらはぎは血液やリンパ液を足から心臓に戻す役割を持っています。つまり、着圧ソックスはふくらはぎの役目であるポンプ活動の働きを促してくれるソックスなのです。
本来、着圧ソックスはEU諸国で医療用に開発された物で、長時間の立ち仕事をする人やデスクワークをする人の為に作られた物です。EU諸国で医療用に開発された着圧ソックスは、足先はリラックスした状態でありながら滞った血液を流れやすくして、足首から上については血液やリンパ液が心臓に向けて上がって循環していけるように作られています。

着圧ソックスの浮腫みに対する作用

血液は心臓から動脈を経由して全身に循環されて、体内を一巡りして心臓に戻ってくると言う仕組みになっています。その際に、心臓に血液が戻る働きを促す役割として足にある筋肉がポンプ活動を行いサポートしてくれます。しかし、立ったまま長時間で居たり、座ったままの状態でいたりすると、足が疲労してポンプ活動が衰えるのです。その結果、血液の循環が悪くなってしまい浮腫みを引き起こす原因になっています。着圧ソックスを着用する事で、このポンプ活動をサポートする事が出来ると言う訳です。

足の浮腫みとリンパの関係

足が疲労してくると足の筋肉機能の働きが鈍くなります。その事で、足から心臓向けて血液を戻す力が弱まり、重力の関係で血液が滞る事によって、そこから体内に水分が染み出しやすくなる事が浮腫みに繋がっています。体内に水分が染み出す事自体は体の正常な働きなのですが、血液の循環が悪くなって滞ってしまう事で、リンパ管やリンパ液が体内に染み出た水分を回収する機能も同時に悪くなってしまう事が問題なのです。
リンパと言うのは、体の下水管のような役割を担っています。なので、血液の循環と一緒に流れを促す事で体内に余分な水分が染み出しにくくなり、リンパ管やリンパ液は水分を回収しやすくなります。このように、血液やリンパ液の循環を良くする事によって、滞っていた足の浮腫みを解消していく事が可能になります。
特に、体の部位でも足と言うのは重力の影響で、血管から水分が染み出しやすい部分であり浮腫みやすい部位でもあります。そこで、着圧ソックスを着用する事で血液やリンパが流れるようになるので浮腫みを改善出来るのです。

着圧ソックスには市販品と一般医療機器がある!

着圧ソックスと聞くと、ドラッグストア等で購入する事が出来る市販品の物をイメージする方は多いです。しかし、実は着圧ソックスでも医療用タイプも販売されており、市販品と同様に適度な圧力をかけて足に滞っている血液循環を促す物もあります。
一般医療機器タイプは、下肢静脈瘤、深部静脈血栓、リンパ浮腫等を予防する為に、一般の人でも高い浮腫み改善効果があるとして使用する事が出来ます。一般医療機器の着用ソックスが世に広まったのは、浮腫みを改善して「スッキリとした足を保ちたい!」と悩む女性のニーズに応えたアイテムとして、一般用としても広く使用されるようになった事がきっかけです。

足の浮腫み以外にも効果がある!

着圧ソックスは、下肢静脈瘤、エコノミークラス症候群の予防にも大きな効果を発揮します。足の血管が膨れてこぶのように病気を下肢静脈瘤、長時間同じ姿勢で居る事で血液が溜まり血栓が出来、最悪、肺の血管に詰まって命にも関わるのがエコノミークラス症候群です。しかし、着圧ソックスを履いて足の滞った血液の流れを加圧する事で、これらの症状のリスクを下げる事が出来ます。

着圧ソックス

一般医療用機器の着圧ソックスはこんな人にお勧め!!

長時間のデスクワークや立ち仕事の人
着圧ソックス

足と言うのは、心臓から一番遠くなっており重力の影響も大きく受ける為、静脈の血流が最も滞りやすく浮腫みやすい部位なのです。なので、長時間のデスクワークの人や、長い立ち仕事の人と言うのは、どうしても足が浮腫みやすくなっており、着圧ソックスを着用する事で血行促進が促されて浮腫みに効果的と言えます。

妊婦さんや産後の人

妊娠中や産後の時期にも、着圧ソックスを着用する事が出来ます。妊娠中と言うのは、体内の多くの血液を体内に循環させる必要があるのですが、妊娠によって大きくなった子宮に静脈が圧迫されてしまう事で下肢が浮腫みます。また、血流の滞りによって浮腫みの他にも、妊婦は非妊娠時に比べて血栓が出来るリスクがおよそ5倍と言われており、静脈血栓症が発症してしまうリスクも高まります。他にも、肺血栓塞栓症を引き起こす事もあり、肺血栓塞栓症は、最悪、命にも関わってくる深刻な病態です。着圧ソックスの着用によってこれらの発症を予防し、健康的な体作りを維持する事に役立てる事が出来ます。

着圧ソックス
下肢静脈瘤を発症・発症するリスクが高い人
下肢静脈瘤は、静脈の流れが滞ってしまう事によって引き起こるもので、静脈がコブのように膨れてしまう症状の事を指しています。しかし、浮き出た血管がコブのように目で見て認識出来るものもあれば、見た目では認識する事の出来ない隠れた静脈瘤もあります。静脈瘤は年齢に関係無く、若い年代の人にも発症する症状です。足が浮腫んでいると自覚している人のおよそ6~7人に1人の確率で、隠れ静脈瘤者がいると言われています。
このように、下肢静脈瘤を発症していたり、静脈瘤が疑われていたりする人は、継続的に着圧ソックスを着用する事でその症状を緩和して改善していく事が期待出来ます。特に、重点的に足のふくらはぎの筋肉を圧迫してポンプ活動を促す事で、静脈とリンパの流れをスムーズにして浮腫みを解消していく事が出来ます。

医療用着圧ソックスを選ぶ際のポイント

ハイソックスタイプで十分ケア出来る
着圧ソックスで足の浮腫みを予防する目的だけであれば、膝下までの長さのハイソックスタイプがお勧めで効果的です。着圧ソックスでは無くストッキングタイプの弾性ストッキングも足の浮腫みを予防する効果はあります。しかし、足の浮腫みの改善に必要なのは何と言ってもふくらはぎのポンプ活動を促す事がポイントになります。なので、ハイソックスタイプの着圧ソックスで十分ふくらはぎの筋肉を圧迫する事が出来、浮腫み改善に対して重点的にアプローチする事が出来ます。
浮腫み予防ではレギンスタイプはNG
足の浮腫みを予防する際には、足首までしかないようなレギンスタイプを避けて、しっかり足先の部分まで覆われている着圧ソックスを選ぶ事がポイントです。レギンスタイプと言うのは、圧迫力が強いソックスだと足首よりも先に浮腫みが生じる場合もあります。なので、ソックスタイプを選ぶ事で部分的に足が浮腫んでしまう恐れを防止する事が出来るのです。

着圧ソックス 医療用,着圧ソックス  楽天,着圧ソックス  通販着圧ソックスを楽天通販サイトでチェック☆